LED照明、どんなものを選べばいいのか?

LED照明、どんなものを選べばいいのか?

用途は?光の広がり方で選ぶ

LEDが出始めたころは、LED照明の光はまっすぐでした。ですが今では広く、部屋全体を照らしてくれます。普通にリビングなどの照明として使用するなら、光が広がるタイプのものを選びましょう。ただ、照明にこだわりたい人には直線的に照らすタイプのLED証明がおすすめです。機能的ではないかもしれませんが、とってもカッコイイ雰囲気を作ってくれます。インテリアにこだわりたい人は、普段使いのLEDの他にインテリアとしての役割のLEDもそろえてみると良いでしょう。

どこで使うの?色味も大事

勉強や、仕事場などでは白色の照明を選ぶのがいいでしょう。ですが、リビングなどくつろぎたいところでは黄色に近い色のLEDがおすすめです。リラックスできるだけでなく、料理がおいしそうに見えるのも利点です。部屋ごとにつかうLEDを変えるなら、より過ごしやすい空間にできることでしょう。ちなみに、電球には平均演色評価数というものがあります。これはいかに自然な光かということです。評価数が高いものがより自然な色合いの光が出るということなので、購入時はパッケージを見てみてください。

使用時の注意点とは?

インテリアとしても使い勝手がよく、白熱電球より電気代が安いなどの理由で買い替えたいと思う方も多いでしょう。ですが注意点がいくつかあります。まず、LEDは白熱電球より重たい場合が多いです。また、形や大きさも白熱電球と異なる場合があります。今まで白熱電球を使用していた照明器にそのままつけられない場合があるので注意が必要です。つけることができたとしても、密閉されていたりして熱がこもるような構造のところに使用するなら割れる危険性もあります。また、調光器などと相性が悪い場合があるので注意が気をよく読んで、安全に使用してください。

LEDライトパネルは、広告物によく利用されています。低コストで明るいのが特徴で、長持ちするために普及が進んでいます。